ジョルジュ ソレル(英語表記)Georges Sorel

20世紀西洋人名事典の解説

ジョルジュ ソレル
Georges Sorel


1847 - 1922
フランスの社会思想家,社会哲学者。
シェルブール生まれ。
理工科大学校を中退し、土木技術官僚となり、退職後文筆活動に専念する。マルクスやプルードンの影響を受け、独特の「社会神話」論を唱え、1908年理論的集大成「暴力論」を公刊する。左右両極の社会運動に影響を与え、革命的サンディカリスム理論家として有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョルジュ ソレル

生年月日:1847年11月2日
フランスの社会思想家
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android