コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暴力論(読み)ぼうりょくろん(英語表記)Réflexions sur la violence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暴力論
ぼうりょくろん
Réflexions sur la violence

フランスの社会思想家 G.ソレルの著作。サンディカリズムの聖典とされている。 1908年刊。彼は K.マルクス,P.プルードン,F.ニーチェ,H.ベルグソンなどの影響のもとに革命的労働組合運動を主張し,プロレタリア革命の武器としてゼネストを高く評価した。なお本書の神話論は大衆の本能や感情の利用が政治行動にとって緊要であることを説いたものであって,後年ファシズム運動に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

暴力論【ぼうりょくろん】

フランスの社会思想家G.ソレルの著書。原題では《暴力に関する考察》。雑誌論文をまとめて1908年に単行本として発表。政党制議会主義を否定して,組合(サンディカ)の役割を高く評価し,組合のゼネストのなかに暴力の倫理性が含まれていると説く。→サンディカリスム
→関連項目暴力

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

暴力論の関連情報