コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暴力論 ぼうりょくろんRéflexions sur la violence

2件 の用語解説(暴力論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暴力論
ぼうりょくろん
Réflexions sur la violence

フランスの社会思想家 G.ソレルの著作。サンディカリズムの聖典とされている。 1908年刊。彼は K.マルクス,P.プルードン,F.ニーチェ,H.ベルグソンなどの影響のもとに革命的労働組合運動を主張し,プロレタリア革命の武器としてゼネストを高く評価した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

暴力論【ぼうりょくろん】

フランスの社会思想家G.ソレルの著書。原題では《暴力に関する考察》。雑誌論文をまとめて1908年に単行本として発表。政党制議会主義を否定して,組合(サンディカ)の役割を高く評価し,組合のゼネストのなかに暴力の倫理性が含まれていると説く。
→関連項目暴力

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暴力論の関連情報