ジョージ・キャスパー ホマンズ(英語表記)George Casper Homans

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・キャスパー ホマンズ
George Casper Homans


1910 -
米国の理論社会学者。
ハーバード大学名誉教授,元・アメリカ社会学会会長。
ボストン生まれ。
大学卒業後、パレートマリノフスキーなどに師事し研究。1934〜39年「特別研究者協会」の研究生。’46年社会関係学部、社会学部のスタッフ。’50年小集団における社会行動の経験命題を体系的に記述した「ヒューマン・グループ」を出版。これらの命題を説明する理論構築として’61年「社会行動」、「社会行動―その基本形態」(’74年)を著し、社会行動を交換としてとらえるスキナーの行動心理学の「条件付け」「学習」の法則を経済学から交換理論モデルを導入し、行動理論を構築し提唱した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android