コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行動心理学 こうどうしんりがくpsychology of behaviour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行動心理学
こうどうしんりがく
psychology of behaviour

狭義には,J.B.ワトソン行動主義心理学をさすが,一般的には意識を対象とする心理学に対立する諸心理学の総称。心理学を生体の全体的行動の科学と定義し,最初にこの「行動」 comportementという名称を用いたのは H.ピエロンである (1908) 。客観的方法によってとらえられた行動をその対象とする意味で,現代心理学のほとんどの学派がこれに属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

行動心理学の関連キーワードマードック(George Peter Murdock)ファントム・バイブレーション・シンドロームジョージ・キャスパー ホマンズSCORPIONH. ピエロンギディングズ客観的心理学行動経済学ティロール意識心理学マードックホマンズパブロフ動物占い行動論睡眠EQ思考

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行動心理学の関連情報