ジョージ・A. ミラー(英語表記)George Armitage Miller

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・A. ミラー
George Armitage Miller


1920 -
米国の心理学者。
元・ハーバード大学教授,元・マサチューセッツ工科大学教授。
ウェスト・バージニア州チャールストン生まれ。
ハーバード大学で心理学を専攻。1946年学位を取得。その後、同大学助手、助教授を務め、’51〜55年マサチューセッツ工科大学準教授、その後、ハーバード、プリンストン、マサチューセッツ工科大学に所属。聴覚、言語、コミュニケーション理論、心理言語学など幅広い研究領域を持つ。チョムスキーも共同研究者の一人で、ギャランター、プリブラムとの共同研究で、人間行動を記述するための単位として提案したTOTEシステムは高く評価されている。著書に「心理学の認識」(’62年)など。米国心理学会から賞を受けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android