コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジルムンスキー Viktor Maksimovich Zhirmunskii

世界大百科事典 第2版の解説

ジルムンスキー【Viktor Maksimovich Zhirmunskii】

1891‐1971
ソ連邦の言語学者,文学史家。ペテルブルグ大学を卒業後ドイツに留学。1919年ペトログラード(現,サンクト・ペテルブルグ)大学のゲルマン語科の主任教授となり,英語学の主任も兼ねた。比較文学研究の古典として知られる《バイロンプーシキン》(1924)はこの時期の代表作である。このころフォルマリストと近づき,数多くの現代詩文学理論に関する名著を書いた。その後ドイツ方言学,フォークロア研究の面で世界的な業績をあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジルムンスキー
じるむんすきー
Виктор Максимович Жирмунский Viktor Maksimovich Zhirmunskiy
(1891―1971)

ソ連の言語学者、ゲルマン学者、文学研究者。ペテルブルグ大学を卒業後ドイツの諸大学に学び、1914年には『ドイツ・ロマン主義と同時代の神秘説』を刊行。1920年代はロシア・フォルマリズム運動と論争しつつも近い立場にあり、『韻――その歴史と理論』(1923)や『韻律学入門――詩の理論』(1925)をはじめとする一連の詩学関係の著作を発表している。比較文学研究の古典『バイロンとプーシキン』(1924)を出したのもこのころである。その後の仕事も、ゲルマン語学、チュルク語学、一般言語学、方言学、民俗学、東洋学など、きわめて多岐にわたっており、数多くの重要な仕事を残した。[桑野 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジルムンスキーの関連キーワードサンクト・ペテルブルグ7月21日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android