コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジルムンスキー Viktor Maksimovich Zhirmunskii

2件 の用語解説(ジルムンスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジルムンスキー【Viktor Maksimovich Zhirmunskii】

1891‐1971
ソ連邦の言語学者,文学史家。ペテルブルグ大学を卒業後ドイツに留学。1919年ペトログラード(現,サンクト・ペテルブルグ)大学のゲルマン語科の主任教授となり,英語学の主任も兼ねた。比較文学研究の古典として知られる《バイロンプーシキン》(1924)はこの時期の代表作である。このころフォルマリストと近づき,数多くの現代詩や文学理論に関する名著を書いた。その後ドイツ方言学,フォークロア研究の面で世界的な業績をあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジルムンスキー
じるむんすきー
Виктор Максимович Жирмунский Viktor Maksimovich Zhirmunskiy
(1891―1971)

ソ連の言語学者、ゲルマン学者、文学研究者。ペテルブルグ大学を卒業後ドイツの諸大学に学び、1914年には『ドイツ・ロマン主義と同時代の神秘説』を刊行。1920年代はロシア・フォルマリズム運動と論争しつつも近い立場にあり、『韻――その歴史と理論』(1923)や『韻律学入門――詩の理論』(1925)をはじめとする一連の詩学関係の著作を発表している。比較文学研究の古典『バイロンとプーシキン』(1924)を出したのもこのころである。その後の仕事も、ゲルマン語学、チュルク語学、一般言語学、方言学、民俗学、東洋学など、きわめて多岐にわたっており、数多くの重要な仕事を残した。[桑野 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジルムンスキーの関連キーワード藤岡勝二言語学数理言語学ソ連バイイブルームフィールドマルティネヤコブソンソ連邦魚返善雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone