コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学理論 ぶんがくりろん literary theory

1件 の用語解説(文学理論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんがくりろん【文学理論 literary theory】

文芸批評と呼ぶことのできるものは,アリストテレス《詩学》ホラティウスの《詩論》から今日のいわゆる文芸批評にいたるまで,さまざまのかたちで存在する。その文芸批評が目的とするのは,普通には,文学作品かその作者にかかわりのある諸問題について語ることである。しかも西欧の諸国においては,とくに19世紀以降,文芸批評そのものが文学の中のひとつの分野として確立されるにいたった。ところが,とくに1970年代になると,そのような文芸批評の中から,従来の文芸批評とは性格の異なるものが現れはじめて,現在ではひとつの特徴的な分野をなすまでになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文学理論の関連キーワード小林秀雄ニュークリティシズム吉田健一外在批評生ある者は必ず死あり内在批評垂れ物始め有るものは必ず終わり有り文芸批評ダイビングエリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文学理論の関連情報