ジンチュウ(英語表記)Dioctophyme renale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンチュウ
Dioctophyme renale

袋形動物門線虫綱膨瘤線虫目ジンチュウ科。イヌ,イタチ,ブタ,ウシ,ヒトの腎臓や腹腔に寄生する大型の寄生虫で,体長は雌 20~100cm,雄 14~45cm。体表に輪状線があり,側線には小点状乳頭の縦列がある。宿主の尿と一緒に排出された卵は第1中間宿主のヒルミミズに食べられ,さらにこれが第2中間宿主のカジカなどの淡水魚の体内に入って終宿主へ潜入する機会を待つ。なお,本種が寄生しても症状が現れないこともあるが,出血性あるいは化膿性腎炎を起すことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android