コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線形動物 センケイドウブツ

大辞林 第三版の解説

せんけいどうぶつ【線形動物】

袋形たいけい動物のうち、線虫類・針金虫類・鉤頭虫こうとうちゆう類の総称。体は一般に細長く、円筒状か糸状で、体長0.1~30センチメートル。体節がなく、体の横断面は円形に近い。動植物に寄生し、害を与えるものが多い。円形動物。かつて独立した門として扱われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

線形動物
せんけいどうぶつ

動物分類上、一綱を構成する動物群。線虫とよばれる約5000種の動物を含む綱で、輪形動物綱などとともに袋形(たいけい)動物門に属するが、単独の門とする考え方もある。体は毛状や細い円筒状で、体長は1ミリメートル前後から約30センチメートルである。自由生活を送る種類は一般に小さく、海、淡水や土中のあらゆるところにすむ。寄生生活を送る種類には、イネモグリセンチュウなどのように植物の根や葉に寄生するものと、回虫のようにヒトやいろいろな動物に寄生するものがある。後者はすべて宿主の体内に寄生し、消化管、筋肉および血液中にみられる。
 体表は滑らかなクチクラで覆われ、縦走線がみられるほかに、環輪、棘(とげ)、剛毛をもった種類もある。皮下層は縦走筋だけからできている。体の前端に口があり、よく発達した咽頭(いんとう)が続き、腸管は後端まで直走して肛門(こうもん)に終わる。神経系は、咽頭を囲む神経環と、これに連絡する背腹の神経および側神経からできている。神経環の後方に排出器として特有な腎管(じんかん)がある。雌雄異体で、生殖腺(せん)は管状であり、雌の生殖孔は体の中央に開き、雄の生殖孔は肛門と共通する。一定回数の脱皮を行い成長する。植物寄生種は、宿主植物に黄化現象、矮小(わいしょう)化、非結実や枯死などの被害を与える。動物寄生種は、宿主動物に栄養や運動の障害、疲労倦怠(けんたい)、浮腫(ふしゅ)や貧血などの寄生虫病を引き起こす。[片島 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の線形動物の言及

【円虫】より

…袋形動物門線虫類の一別名。他の動物に寄生するカイチュウのように環節がなく,細長い虫体の総称であって,かつては円形動物,線形動物,線虫動物などと呼ばれていた。細長い虫体が円虫と呼ばれるのは,体を輪切りにした場合,体表を覆っている厚いクチクラの層によって断面がほとんど完全な円形を保ち,つぶれないからである。…

※「線形動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

線形動物の関連キーワードツィーグラー(Heinrich Ernst Ziegler)ハインリッヒ・エルンスト ツィーグラージュウニシチョウチュウ(十二指腸虫)ガッコウチュウ(顎口虫)センモウチュウ(旋毛虫)ハリガネムシ(針金虫)ギョウチュウ(蟯虫)ジンチュウ(腎虫)コウチュウ(鉤虫)カイチュウ(回虫)センチュウ(線虫)ベンチュウ(鞭虫)バンクロフト糸状虫広東住血線虫海洋生物群集アメリカ鉤虫ハリガネムシ東洋毛様線虫フィラリアイヌ糸状虫

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android