コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンバブエ土地収用法(読み)ジンバブエとちしゅうようほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンバブエ土地収用法
ジンバブエとちしゅうようほう

1992年3月,ジンバブエ議会で可決された,白人所有の農地を強制的に収用し大多数の黒人の貧農に再配分する法律。同国では人口のわずか1%の白人が全農地の3分の1を所有している。そこで多数派のジンバブエ民族アフリカ同盟 (ZANU) のムガベ大統領は,土地収用補償を政府が定め,異義申立ての権利も与えず全白人の農地 (1150万 ha) の半分を接収しようとした。しかし白人農場主らは,補償額があまりに低いとして訴訟で争う構えである。一方,ムガベは土地収用をはばむような裁判所の判決は容認しないとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android