コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンバブエ土地収用法 ジンバブエとちしゅうようほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンバブエ土地収用法
ジンバブエとちしゅうようほう

1992年3月,ジンバブエ議会で可決された,白人所有の農地を強制的に収用し大多数の黒人の貧農に再配分する法律。同国では人口のわずか1%の白人が全農地の3分の1を所有している。そこで多数派のジンバブエ民族アフリカ同盟 (ZANU) のムガベ大統領は,土地収用補償を政府が定め,異義申立ての権利も与えず全白人の農地 (1150万 ha) の半分を接収しようとした。しかし白人農場主らは,補償額があまりに低いとして訴訟で争う構えである。一方,ムガベは土地収用をはばむような裁判所の判決は容認しないとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジンバブエ土地収用法の関連キーワードクラーク(Larry Clark)近藤芳美ドイツ統一スペースシャトル飛行記録黒沢清仙田満ヨーロッパ通常戦力条約高良留美子柴田翔自衛隊

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android