コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンバブエ土地収用法 ジンバブエとちしゅうようほう

1件 の用語解説(ジンバブエ土地収用法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンバブエ土地収用法
ジンバブエとちしゅうようほう

1992年3月,ジンバブエ議会で可決された,白人所有の農地を強制的に収用し大多数の黒人の貧農に再配分する法律。同国では人口のわずか1%の白人が全農地の3分の1を所有している。そこで多数派のジンバブエ民族アフリカ同盟 (ZANU) のムガベ大統領は,土地収用の補償を政府が定め,異義申立ての権利も与えず全白人の農地 (1150万 ha) の半分を接収しようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジンバブエ土地収用法の関連キーワードジンバブエフランシスタウン予算関連法案大ジンバブエ国立記念物マプングブエグレートジンバブエ遺跡マシンゴ国連加盟記念日議会と首長の関係グレート-ジンバブエ国立記念物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone