コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スエテ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スエテ

義太夫節の節章の一つ。登場人物の嘆きや悲しみ,思考が極点に達した個所に用いられる曲節。強く押した語りで,高音で始り次第に下降して一の音にいたり,ジャンと締めるので一種の段落感がある。特に大切な部分に用いられる重厚なものは,「四段目風スエテ」という。関連した曲節に,スエテ重ね・大スエテ・スエ・スエカカリなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スエテの関連キーワードスエル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android