スオメンリンナ要塞(読み)スオメンリンナようさい(英語表記)Suomenlinna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スオメンリンナ要塞
スオメンリンナようさい
Suomenlinna

フィンランドの首都ヘルシンキの沖合いに浮かぶ六つの無人島に 18世紀に築かれた要塞。スウェーデン領だった 1748年からロシアの攻撃に備えて建設が始められ,「スビアボリ (要塞) 」と命名された。しかし 1808年,ロシアに攻略され「ビアポリ」と改名,ロシア軍の駐屯地となり,フィンランドは自治大公国としてロシアに併合された。 1917年ロシア革命に乗じてフィンランドは独立,要塞も返還されて「スオメンリンナ (武装解除) 」と名づけられた。その後,大規模な改修がなされ,展覧会場や博物館,美術館,研究施設などからなる芸術センター兼リゾート地に生まれ変わった。 1991年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android