コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカイナ Sukayna

1件 の用語解説(スカイナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スカイナ【Sukayna】

?‐735
ウマイヤ朝時代のアラブの貴婦人で,第4代カリフアリーの孫。フサインの娘であり,母ラバーブは大詩人イムルー・アルカイスの血筋をひくという名家の出。教養も容貌も兼備しており,生涯に10人もの名士と結婚。メッカメディナに構えた邸宅は,上流・教養階級のサロンとなり,カーバよりもこの邸宅に寄る方が主目的の巡礼者も出るほどであった。衣装も髪型も新しい流行をひらき,スカイナ流と称され,一世を風靡した。【堀内 勝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スカイナの関連キーワードアッバース朝ウマイヤ朝後ウマイヤ朝アングロアラブ貴婦人ムアーウィヤアブドアッラフマーンアラウンパヤ朝うまいものはうまい。博多うまいものはうまい。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スカイナの関連情報