コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカイナ Sukayna

世界大百科事典 第2版の解説

スカイナ【Sukayna】

?‐735
ウマイヤ朝時代のアラブの貴婦人で,第4代カリフ,アリーの孫。フサインの娘であり,母ラバーブは大詩人イムルー・アルカイスの血筋をひくという名家の出。教養も容貌も兼備しており,生涯に10人もの名士と結婚。メッカとメディナに構えた邸宅は,上流・教養階級のサロンとなり,カーバよりもこの邸宅に寄る方が主目的の巡礼者も出るほどであった。衣装も髪型も新しい流行をひらき,スカイナ流と称され,一世を風靡した。【堀内 勝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

スカイナの関連キーワード小数アハズアメリカ農業法奈良・竹田遺跡新潟・延命寺遺跡敦煌・莫高窟新日本石油基地阿羅野オルホン碑文海住山寺

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android