コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカンジナビア山地 スカンジナビアさんちScandinavian Mountains

世界大百科事典 第2版の解説

スカンジナビアさんち【スカンジナビア山地 Scandinavian Mountains】

スカンジナビア半島の脊梁山脈で,半島の西半を占め,北半はノルウェースウェーデンの国境に沿う。今から約4億年前のカレドニア造山運動でできた山脈であるが,現在の山地の高さは中生代以後の断層運動によるものである。第四紀には氷床に覆われ,その浸食で隆起高原に深いフィヨルドとU字谷が刻まれた。氷に刻まれた岩峰は急峻である。ソグネフィヨルドSognefjordは長さ200km,両岸の断崖は1000m以上,水深は1300mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報