コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキビン Skibine, George Borisovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキビン
Skibine, George Borisovich

[生]1920.1.17. モスクワ
[没]1981.1.14. ダラス
ソ連出身のアメリカの舞踊家。 O.プレオブラジェンスカらに学び,モンテカルロ・バレエ団 (1939年オリジナル・バレエ・リュスと改称) ,アメリカン・バレエ・シアター,マルキ・ド・クエバス・バレエ団などを経て,振付師となり,『ベロナの悲劇』 (48) ,『コーカサス虜囚』 (51) ,『ロミオとジュリエット』 (55) などの作品を振付けた。その後,パリ・オペラ座に迎えられ,『ジゼル』『火の鳥』『フェール』などを踊り,バレエ・マスターになってから『コンセルト』 (58) ,『ダフニスとクロエ』 (59) ,『パストラール』 (61) ,『メタモルフォーゼ』 (61) などの作品を発表。 1962年引退後は,ハークネス・バレエ団の創立に参加,69年からはダラス市民バレエ団の芸術監督をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スキビンの関連キーワードトールチーフデコンベ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android