スキポール空港(読み)スキポールくうこう

  • Schiphol Luchthaven

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダ、アムステルダム市郊外にある国際空港。同市都心部南西約15キロメートルに位置する。19世紀の干拓地であるハールレマーメーア・ポルダーの北端部につくられた。1916年に軍用飛行場として開設されたが、1920年には民間定期便の発着を開始した。面積2678ヘクタール。長さ3800メートル、3500メートル、3453メートル、3400メートル、3300メートル、2014メートルの6本の滑走路を有する。2010年における年間発着回数は40万2372回、利用客数は4521万1749人であった。オランダの表玄関に相当する空港であり、名称は「船の墓場」の意で、かつては海であったことを示している。空港アクセス鉄道により主要なオランダの大都市と結ばれている。

[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスキポール空港の言及

【空港】より

…このほかローマにはチアンピーノCiampino Airportという古い空港もあり,一部国内線の運航に使われている。 スキポール空港Schiphol Airport1920年供用開始という世界最古の空港の一つで,海面より4m低いのが特徴。アムステルダムの都心から7kmの近さにあり,1750haの敷地に滑走路6本。…

※「スキポール空港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android