スコット ウィルソン(英語表記)Scott Wilson

20世紀西洋人名事典の解説


1942.3.29 -
米国俳優
ジョージア州アトランタ生まれ。
バスケット・ボール選手をめざしていたがケガで断念ハリウッドで下積み生活をした後、1964年にテレビの仕事を獲得し、’67年の「夜の大捜査線」で映画デビューした。続く「冷血」(カポーティ作)で鮮烈な演技を披露し、しばらくはこのイメージがつきまとったが、「華麗なるギャツビー」(’74年)などで個性派としての位置を確立した。他の作品として、「ライトスタッフ」「Dead or Alive」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android