スジャラ・バンテン(英語表記)Sejarah Banten

世界大百科事典 第2版の解説

スジャラ・バンテン【Sejarah Banten】

インドネシア,ジャワ西部バンテン王国の年代記。1662‐63年に書かれ,体裁が整ったのは1701‐02年ごろと考えられている。内容は,イスラムのジャワへの渡来に始まり,ファラテハン(スーナン・グヌン・ジャティ)によるバンテン王国の建設,および歴代の王の事を対話形式で物語っている。ジャヤディニングラットHusein Jayadiningrat(1886‐1960)の学位論文《スジャラ・バンテンの批判的考察》はこの年代記の信憑性についての本格的な研究である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android