コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズカケソウ(鈴懸草) スズカケソウBotryopleuron villosulum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズカケソウ(鈴懸草)
スズカケソウ
Botryopleuron villosulum

ゴマノハグサ科の多年草。江戸時代に園芸植物として栽培されていたが,現在ではあまり見かけない。岐阜県下に自生状態で発見されているが,本来の野生か否かは不明とされる。タケ林などの日陰に生える。茎はつる状で,長さ 2mに達する。茎の先端が土に接すると不定根を出し,栄養体生殖でふえる。葉は長卵形で鋸歯があり,葉と茎に密に褐色の軟毛がある。夏に,葉の脇に球形花序をなして濃紫色の小花を多数つける。果実は 蒴果となる。和名は球形の花序の連なった形を山伏の鈴懸に見立てたもの。同属近縁のトラノオスズカケ B. axillareは西日本の暖地に自生し,全体に毛がないことと,花穂が球形でなく長い点で区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スズカケソウ(鈴懸草)の関連キーワードゴマノハグサ科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android