コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴懸 すずかけ

2件 の用語解説(鈴懸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すずかけ【鈴懸】

篠懸とも書く。修験道独自の法衣で,九布の上衣と八つの襞(ひだ)のある袴を白衣の上から着する。上衣を金剛界九会,袴を胎蔵界八葉の曼荼羅(まんだら)に擬し,金胎不二の小宇宙であることを示す。これは,不動明王大日如来と同一性質を修験者がもつことを表している。この衣は,俗人の直垂(ひたたれ)と類似し,俗体を本義とする修験の意図にかなっている。江戸後期に行智の著した,修験道入門書ともいうべき《木葉衣(このはごろも)》に,鈴(篠)懸の語義は,山岳修行で篠(ささ)が掛かる意だとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴懸
すずかけ

篠懸、篠掛とも書く。山伏の着る衣の上衣である。下に袴(はかま)(裁付袴(たっつけばかま))をはく。多く麻でつくり、白であるが、羽黒山伏は紺白の市松模様に染める。本来は浄衣(じょうえ)であったが、僧衣の褊衫(へんざん)などと混合した。したがって、これを柿(かき)色に染めたのを柿の衣(ころも)という。篠懸の名称は、山中に多い小篠(こしの)を「すず」とよぶので、これに懸かる衣の意といわれ、「みよしのの苔路を伝ふ山伏の 鈴かけ衣露にぬれつつ」(夫木(ふぼく)和歌抄)の歌もある。苔(こけ)の衣(ころも)とは区別される。[五来 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鈴懸の言及

【山伏】より

… 鎌倉・室町時代にはこの修験道の山伏たちは,吉野,熊野,白山,羽黒,彦山(英彦山)などの諸山に依拠し,法衣,教義,儀礼をととのえていった。歌舞伎の《勧進帳》などで広く知られる鈴懸(すずかけ)を着,結袈裟(ゆいげさ)を掛け,頭に斑蓋や兜巾(ときん)(頭巾),腰に螺(かい)の緒と引敷,足に脚絆を着けて八つ目のわらじをはき,(おい)と肩箱を背負い,腕にいらたか念珠をわがね,手に金剛杖と錫杖(しやくじよう)を持って法螺(ほら)貝を吹くという山伏の服装は,このころからはじまった(図)。またこうした法衣は教義の上では,鈴懸や結袈裟は金剛界と胎蔵界,兜巾(頭巾)は大日如来,いらたか念珠・法螺貝・錫杖・引敷・脚絆は修験者の成仏過程,斑蓋・笈・肩箱・螺の緒は修験者の仏としての再生というように,山伏が大日如来や金胎の曼荼羅(両界曼荼羅)と同じ性質をもち,成仏しうることを示すと説明されている。…

※「鈴懸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴懸の関連キーワード修験者修験道篠懸法衣験者修験修験宗篠懸衣論弁五来重

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴懸の関連情報