コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンホペア Stanhopea

世界大百科事典 第2版の解説

スタンホペア【Stanhopea】

ラン科スタンホペア属Stanhopeaの常緑のラン。メキシコ,ブラジル,ペルーなどの中南米に約50種が分布し,いずれも木に着生している。偽球茎から,やや革質で小さく円錐型で幅広の葉を1枚ずつ出す。花茎は偽球茎からほぼ垂直にたれさがり,その先端に花径14~15cmの大輪の花を1~数個つける。開花期間は短く,花は2~3日で終わる。花は白色や黄色で,紅色をおびるものもあり,強い香りがある。原種がもっぱら栽培されており,園芸品種は少なく,種間雑種もない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android