コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターバックスコーヒー

3件 の用語解説(スターバックスコーヒーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒージャパン株式会社が展開するカフェチェーン。コーヒーなどのドリンク類、軽食を販売する。アメリカ発祥。1996年、日本の1号店がオープン

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

スターバックスコーヒー

米国ワシントン州シアトル発祥のコーヒー店チェーン。1971年にコーヒー焙煎(ばいせん)会社として創業。82年に現CEOハワードシュルツが入社。その年、会社はレストランエスプレッソバーなどにコーヒーの提供を開始した。85年にシュルツは同社を退社、コーヒーチェーン「イル・ジョルナーレ社」を設立。スターバックスコーヒーの豆を使ったコーヒーとエスプレッソドリンクを中心に、テイクアウトスタイルの販売をスタート。大きな人気を呼び、濃い目のコーヒーに各種フレーバーを合わせてアレンジする「シアトル系コーヒー」の先駆けとなった。87年にイル・ジョルナーレ社がスターバックスを買収、社名を現在のスターバックス・コーポレーションへと変更した。
95年には株式会社サザビー(現・株式会社サザビーリーグ)と提携、合弁会社としてスターバックスコーヒージャパン株式会社を設立。96年8月に北米以外では初めてとなる店舗を東京・銀座にオープンしたのを皮切りに、日本でも99年から全国展開を本格化。2014年3月末現在で、世界65カ国で計2万1000店舗、日本国内で1034店舗を展開している。15年5月には47都道府県で唯一店舗のなかった鳥取県へも出店する予定。
日本国内の店舗は、「家庭でもなく職場でもない第3の空間」をコンセプトに、ゆっくりとくつろげるソファが配され、店内は全面禁煙が基本。オフィス街や商業地が中心だが、京都大学筑波大学名古屋大学といった大学構内や、佐賀県の武雄市図書館内などにも出店。周辺の景観に合わせて木材を多用したり、歴史ある建築物を有効活用したりと空間デザインにこだわったコンセプトストアが、福岡の県営大濠公園内や神戸の北野異人館ほか国内に13店舗ある。また、14年9月には1杯1998円という同社史上最も高価なコーヒー「パナマ アウロマール ゲイシャ」を国内48店舗限定で売り出し注目を集めた。
14年9月23日、スターバックス・コーポレーションは、スターバックスコーヒージャパンを完全子会社化する計画を発表。株式の公開買い付けが進められ、15年前半には買収を終える見込み

(松岡理絵 フリーランスライター/2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スターバックスコーヒー

米国・シアトル発祥のコーヒー店チェーン。1996年、東京・銀座に国内1号店が開業した。「都会の象徴」として知られたが、2000年代に地方への展開を始めた。店舗数は、この日オープンした島根を含む46都道府県で、984店。

(2013-03-28 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スターバックスコーヒーの関連キーワードコーヒーショップトルココーヒーコーヒー茶コーヒー沸しコーヒーマシーンタリーズコーヒーTULLY'S COFFEEドトールコーヒーショップポッカコーヒー Mコーヒースターバックス コーヒー ジャパン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スターバックスコーヒーの関連情報