コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターリングの法則 スターリングのほうそくStarling’s law of the heart

世界大百科事典 第2版の解説

スターリングのほうそく【スターリングの法則 Starling’s law of the heart】

心臓の法則ともいう。心臓のポンプ機能の自己調節性に関する法則で,イギリスの生理学者スターリングErnest Henry Starling(1866‐1927)および彼の共同研究者フランクO.Frankが1900‐14年に心肺標本を使用して,これを発見した。このためフランク=スターリングの法則ともいう。スターリングの法則の第1は,大静脈から心臓への流入血液量(静脈環流)が増大すると,心室の拡張期末容積は増大するが,心臓は一回拍出量を増加させることによって,そのポンプ機能を維持するように適応しているというもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスターリングの法則の言及

【循環調節】より

…とくに神経性の循環調節は,高等動物が日常生活を送るときの血液循環を最適に維持する機構としてきわめて重要である。 (1)自己調節 心臓ポンプ作用の自己調節としてスターリングの法則がある。すなわち,1回心拍出量は拡張期末心室容積によって規定されている。…

※「スターリングの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スターリングの法則の関連キーワードスターリング仮説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android