コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチペンディウム stipendium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチペンディウム
stipendium

古代ローマの属州の直接税,また兵士給与。のちに兵士の給与が従軍終了後支払われたため,やがて従軍を,次いで1年の従軍期間を意味するようになった。ラテン語で「金の支払い」の意。ローマでは古くは 17~46歳の市民に 16年 (緊急時には 20年) の兵役義務があり,のちには年限も 25年に統一された。俸給については,前 400年ウェイー攻略のとき支払われたのが最初。ユリウス・カエサルのときまで兵士1日あたり5アス,年額で 180デナリウス (のちに年額換算は 112.5デナリウスに低下) 支払われた。以後カエサルは 225デナリウス,セプチミウス・セウェルス帝 (在位 193~211) は 500デナリウス,カラカラ帝 (在位 198~211〈共治〉,211~217) は 750デナリウスにそれぞれ引き上げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android