コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチペンディウム スチペンディウムstipendium

1件 の用語解説(スチペンディウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチペンディウム
stipendium

古代ローマの属州の直接税,また兵士の給与。のちに兵士の給与が従軍終了後支払われたため,やがて従軍を,次いで1年の従軍期間を意味するようになった。ラテン語で「金の支払い」の意。ローマでは古くは 17~46歳の市民に 16年 (緊急時には 20年) の兵役義務があり,のちには年限も 25年に統一された。俸給については,前 400年ウェイー攻略のとき支払われたのが最初。ユリウス・カエサルのときまで兵士1日あたり5アス,年額で 180デナリウス (のちに年額換算は 112.5デナリウスに低下) 支払われた。以後カエサルは 225デナリウス,セプチミウス・セウェルス帝 (在位 193~211) は 500デナリウス,カラカラ帝 (在位 198~211〈共治〉,211~217) は 750デナリウスにそれぞれ引き上げた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone