コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俸給 ほうきゅう

3件 の用語解説(俸給の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俸給
ほうきゅう

国家公務員に対して支払われる給料のこと。かつては官吏に与えられる基本給と諸手当などを含めて俸給と呼んでいたが,国家公務員法の制定に伴い,基本給を意味する法律上の用語となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほう‐きゅう〔‐キフ〕【俸給】

給料。サラリー。
国家公務員に支給される、諸手当を除いた基本的給与。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうきゅう【俸給】

給料。サラリー。
国家公務員が受ける、正規の勤務時間の勤務に対する報酬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の俸給の言及

【月給制】より

…賃金計算形態のうち,1ヵ月何円というように月単位で計算し支給される基本給の制度をいう。月給制は専門的知識や経験に基づく能力を要する計画・立案・管理などの仕事に,期待度と信頼度で支払う制度であって,現在の諸外国でも第2次大戦前の日本でも,職員層(ホワイトカラー)を対象に行われ,その賃金をとくに俸給・給料(サラリー。英語salaryの語源はラテン語のsal(塩)で,古代ローマで兵士が俸給として塩を支給されたことにちなむ)と呼ぶこともある。…

【賃金】より

…20世紀には,賃金自体もさまざまな法的規制と管理を受け,賃金決定のメカニズムはますます複雑な様相を呈してきている。 賃金は,これまで(とくに戦前)直接生産部門で働く労働者に支払われる報酬を意味し,事務員,技術者など職員に対して支払われる報酬を給料ないし俸給と呼ぶことが多かった。しかし,最近はこのような区別はとくに設けず,労働者も職員もすべて労働者と呼び(たとえば労働基準法におけるように),彼らが受ける報酬を賃金と規定するようになっている。…

※「俸給」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俸給の関連キーワード給料/給与自足チェリー花菱詣で恋力私費生給部出来高制

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

俸給の関連情報