コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチューベンビル Steubenville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチューベンビル
Steubenville

アメリカ合衆国,オハイオ州東部,ペンシルバニア州ピッツバーグの西 52km,オハイオ川西岸にある都市。 1797年入植,アメリカで最も古い町の一つ。地名は独立戦争のときの将軍 F.スチューベンに由来する。付近は石炭,粘土の産地で早くから商工業の中心地であった。鉄鋼業のほか,合金,化学製品,陶器の製造が行われる。スチューベンビル大学 (1946創立) がある。人口2万 2125 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android