コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチームオーブンレンジ

1件 の用語解説(スチームオーブンレンジの意味・用語解説を検索)

食器・調理器具がわかる辞典の解説

スチームオーブンレンジ

水蒸気を100℃以上の高温状態にした過熱水蒸気を用いて加熱する調理機器。オーブンに比べて、食材の内部まで熱が通りやすく、電子レンジに比べて、乾燥しにくい。余計な油分・塩分を取り除き、失われがちな栄養素を維持しながら調理できるのが特徴。従来は業務用として使われてきたが、2002年に松下電器産業(現・パナソニック)が家庭用のスチームオーブンレンジを製品化した。以後、多くのメーカーのオーブンレンジにスチーム機能が搭載された。◇和製語。スチーム(steam)+オーブン(oven)+レンジ(range)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチームオーブンレンジの関連キーワード過熱器蒸気過熱蒸気ヘルシオヘルシオIHセンター加熱蒸気過熱水蒸気高圧蒸気滅菌水蒸気脱溶剤法比較湿度

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スチームオーブンレンジの関連情報