ステアトパイガス像(読み)ステアトパイガスぞう(英語表記)steatopygous statue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステアトパイガス像
ステアトパイガスぞう
steatopygous statue

胸部,臀部を著しく肥大させた婦人像。「肥大な臀部をしたもの」という意味のギリシア語に由来する。南アフリカの諸民族の婦人の肥満な肉体にみられる特徴もこのように呼ぶが,美術では一般に旧石器時代の婦人像,たとえばウィレンドルフやローセルのビーナス像のような胸部や臀部を著しく誇張した像をいう。(→ウィレンドルフのビーナス

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android