コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステアトパイガス像 ステアトパイガスぞうsteatopygous statue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステアトパイガス像
ステアトパイガスぞう
steatopygous statue

胸部,臀部を著しく肥大させた婦人像。「肥大な臀部をしたもの」という意味のギリシア語に由来する。南アフリカの諸民族の婦人の肥満な肉体にみられる特徴もこのように呼ぶが,美術では一般に旧石器時代の婦人像,たとえばウィレンドルフやローセルのビーナス像のような胸部や臀部を著しく誇張した像をいう。(→ウィレンドルフのビーナス

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android