コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティエン族 スティエンぞくStieng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティエン族
スティエンぞく
Stieng

ベトナム南部からカンボジアにかけての山地に住むモイ諸族の一民族で,タルラク高原以南に住む。言語はモン=クメール語族に属する。焼畑陸稲を栽培し,雨季には毒矢を用いた漁労や狩猟を行う。象をしとめたときは大祭宴を催し,象牙は交易品となる。父系的な親族組織をもつが家族の自律性が高い。家族間の係争は伝統的な村の長老組織によって調停され,罪科水牛であがなわれる。数年ごとに村単位で多数の水牛の供犠を伴う収穫儀礼を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android