スティーブ グロスマン(英語表記)Steve Grossmann

20世紀西洋人名事典の解説


1951.1.18 -
米国のティナーサックス奏者。
ニューヨーク州ブルックリン生まれ。
1959年からアルト、15歳からソプラノ、16歳でテナーを学ぶ。’69年初レコーディングをマイルス・デイビスの元で行い、’70年同グループに参加。’71年ロニー・リストン・スミスのグループ、同年から2年間エルビン・ジョーンズのグループに参加。’75年ジーン・パーラ、ドン・アライアスらと共に「ストーン・アライアンス」を結成。’70年代後半はアルコール障害になり、引退。’85年から活動を再開

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android