スティーブン ホーキング(英語表記)Stephen William Hawking

現代外国人名録2016の解説

スティーブン ホーキング
Stephen William Hawking

職業・肩書
理論物理学者,天体物理学者,応用数学者 元ケンブリッジ大学ルーカス記念講座教授

国籍
英国

生年月日
1942年1月8日

出生地
オックスフォード

専門
宇宙論, ブラックホール理論

学歴
オックスフォード大学〔1962年〕卒,ケンブリッジ大学トリニティーカレッジ卒

学位
物理学博士(ケンブリッジ大学)

資格
ロイヤル・ソサエティ会員〔1974年〕

勲章褒章
CBE勲章, 自由勲章(米国大統領)〔2009年〕

受賞
アルバート・アインシュタイン賞〔1978年〕,ウルフ物理学賞〔1988年〕,ハーバード大学名誉科学博士号〔1990年〕

経歴
大学では物理学と宇宙論を専攻。早くから理論物理学の第一人者として認められ、1974年画期的な「ブラックホール蒸発論」を唱え世界的な脚光を浴びる。同年史上最年少の32歳で英国王立協会会員となった。’75〜77年ケンブリッジ大学重力物理学講師を経て、’77〜79年同教授、’79年より応用数学のルーカス記念講座教授。2009年9月定年で退任。2008年「ブラックホール蒸発論」の一部が、日本の高エネルギー加速器研究機構の研究チームにより検証された。著書に「スペース・タイムの構造」「超空間と起動力」「時間のつかの間の歴史」、娘ルーシーとの共著に〈スペース・アドベンチャー〉シリーズ、「宇宙への秘密の鍵」「宇宙に秘められた謎」「宇宙の誕生 ビッグバンへの旅」「ホーキングの最新宇宙論」のほか、世界40ケ国で1000万部のベストセラーとなった「ホーキング、宇宙を語る」(1988年)がある。同書は日本でも50万部を超えるベストセラーとなった。自伝に「ホーキング、自らを語る」がある。21歳で筋萎縮性側索硬化症が発病、“車いすの天才”と呼ばれる。またしゃべることもできないため、ワープロと音声シンセサイザーを操作して合成言語により会話や著述活動をする。’90年来日。’95年看護チームの看護師と結婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

367日誕生日大事典の解説

スティーブン ホーキング

生年月日:1942年1月8日
イギリスの理論物理学者;天文物理学者

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android