コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス8世(9世) ステファヌスはっせいきゅうせいStephanus VIII (IX)

1件 の用語解説(ステファヌス8世(9世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス8世(9世)
ステファヌスはっせいきゅうせい
Stephanus VIII (IX)

[生]?. ローマ
[没]942.10. ローマ
ローマ出身の第127代教皇(在位 939~942)。ドイツで教育を受け,聖シルウェステル・聖マルチヌス教会の司祭枢機卿(→カーディナル)となり,教皇レオ7世(在位 936~939)の死後,939年7月に教皇に選出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステファヌス8世(9世)の関連キーワード石敬瑭石敬瑭源信北野天満宮多治比文子ニューこしき富士写ヶ岳北野天満宮源信高祖

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone