コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石清水臨時祭 イワシミズリンジサイ

デジタル大辞泉の解説

いわしみず‐りんじさい〔いはしみづ‐〕【石清水臨時祭】

石清水八幡宮で毎年3月、中午の日または下午の日に行われてきた祭り。天慶5年(942)平将門藤原純友の乱平定の祭りを行ったのに始まり、のち恒例となる。都の人は賀茂祭を北祭、これを南祭と呼んだ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石清水臨時祭の言及

【石清水祭】より

…山上の本社に遷御し,宮司が祝詞を読み扉を閉じて,祭儀を終了する。 また,同宮の二大祭の一つである石清水臨時祭は,942年(天慶5)に平将門・藤原純友の乱平定の報賽(ほうさい)のため臨時に行われたのが始まりで,971年(天禄2)からは名称は臨時祭のままで恒例となり,毎年旧3月に行われた。古くは賀茂祭を北祭というのに対して南祭ともいわれ,京の二大祭の一つとも称されたが,1870年(明治3)に廃止された。…

※「石清水臨時祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報