ステレオレコード(英語表記)stereo record

百科事典マイペディアの解説

ステレオレコード

2チャンネルの音を収めるにはいくつかの方法が考案されたが,普及したのは1957年に米国ウェストレックス社が発表した45-45方式によっている。これはレコード面から斜め45°に切りこんだ1本の溝の二つの壁のそれぞれに独立に信号を記録することによって二つのチャンネルを録音できるようにしたものである。これを再生するには,一方向にのみ感応する発電機構を二つ直角に組み合わせて1本の針をつけたピックアップカートリッジを使用する。なお,モノラルのカートリッジでも同等の出力が得られるように改良したものもある。1970年ころには4チャンネルステレオレコードも発売された。方式としては1本の溝に四つの音を独立に記録したディスクリート方式や,四つの信号を混合して2チャンネルステレオレコードと同じように記録するマトリックス方式があるが,4チャンネルステレオレコードは4個のスピーカーが必要であることなどが理由であまり普及しなかった。
→関連項目ステレオテープレコード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android