コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステロイド・パルス療法 すてろいどぱるすりょうほう

1件 の用語解説(ステロイド・パルス療法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

すてろいどぱるすりょうほう【ステロイド・パルス療法】

 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)は、炎症を抑える作用や免疫(めんえき)を抑制する作用をもっています。
 そのため、炎症や異常免疫反応によるニューロパチーの治療に用いられますが、ふつう、飲み薬として用いる量では、効果が出るまでに少し時間がかかります。
 そこで、ふつうの量の10倍以上を点滴で一度に用いて、早期に十分な効果を得ようとするのがステロイド・パルス療法です。
 この治療法は、すでに感染症を合併している場合などでは、用いることができません。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステロイド・パルス療法の関連情報