コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステロイド・パルス療法 すてろいどぱるすりょうほう

1件 の用語解説(ステロイド・パルス療法の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

すてろいどぱるすりょうほう【ステロイド・パルス療法】

 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンステロイド)は、炎症を抑える作用や免疫(めんえき)を抑制する作用をもっています。
 そのため、炎症や異常免疫反応によるニューロパチーの治療に用いられますが、ふつう、飲み薬として用いる量では、効果が出るまでに少し時間がかかります。
 そこで、ふつうの量の10倍以上を点滴で一度に用いて、早期に十分な効果を得ようとするのがステロイド・パルス療法です。
 この治療法は、すでに感染症を合併している場合などでは、用いることができません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ステロイド・パルス療法の関連キーワード副腎皮質副腎皮質刺激ホルモンペプチドホルモン皮質副腎髄質ホルモン副腎皮質ホルモン副腎皮質刺激ホルモン-β-リポトロピン前駆体副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンホルモン放出ホルモンメチラポン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステロイド・パルス療法の関連情報