ステーション

精選版 日本国語大辞典「ステーション」の解説

ステーション

〘名〙 (station)
鉄道の駅。停車場ステンショ。ステンション。
※航海新説(1870)〈中井弘〉下「ロンドン橋の『ステイシュン』に到れば蒸車已にてあらず」
② (他の語と複合して用いて) 作業などを行なう場所や施設。また、根拠地。「宇宙ステーション
[補注]明治時代前半は「ステーション」が多用されたが、明治後半からは訳語の「停車場」が専ら用いられるようになった。現在では「ステーションホテル」のように、他の語と複合して使用される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ステーション」の解説

ステーション(station/Sta.)

鉄道の駅。停車場。「ステーションビル」「ステーションホテル」
業務や作業を受け持つ施設・部署。「サービスステーション」「ナースステーション」「宇宙ステーション
放送局。「キーステーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のステーションの言及

【トランスファーマシン】より

…機械の部品を加工する際には,素材から不要な部分をいろいろな方法で順序よく除去していくが,この加工工程順に専用工作機械を多数並べ,これら機械の間をコンベヤなどの工作物を運搬するための手段で結んだもの。各専用工作機械(ステーションと呼ばれる)がそれぞれ分担している特定の加工を終了するのに応じて,工作物を一定時間ごとに各ステーション間で次から次へと移送して部品を形づくる。本格的なトランスファーマシンは1950年代アメリカの自動車メーカーの提唱により新しく開発された。…

※「ステーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android