コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

停車場 テイシャジョウ

百科事典マイペディアの解説

停車場【ていしゃじょう】

〈ていしゃば〉とも読む。列車が発着する場所。旅客貨物を取り扱う駅,列車の編成,車両の入替えなどを行う操車場,列車の行違い待合せのみを行う信号場の3種がある。一般には駅のことを停車場とよぶことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていしゃじょう【停車場 station】

鉄道施設のうち,列車を発着させて,旅客の乗降,貨物の積卸し,列車の待合せ,行違い,車両の入換え,列車の組成などを行う施設の総称。停車場には,運転上必要なさまざまな業務機関として機関区,電車区保線区,電気区などが配置される場合が多く,鉄道の輸送業務の基地とも称すべきものである。停車場をその業務内容によって,列車を停止させ旅客または貨物の取扱いを行う,もっぱら列車の組成または車両の入換えをする操車場,列車の行違い,待合せをするための施設で,旅客,貨物は扱わない信号場の3種に分類することもあるが,一般には駅のことを停車場という場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

停車場
ていしゃじょう

駅、信号場、操車場をさす鉄道用語。「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」(平成13年国土交通省令第151号)に「駅、信号場及び操車場をいう」と定義されている。
 同省令では、駅とは旅客の乗降または貨物の積み下ろしを行うために使用される場所、信号場とはもっぱら列車の行き違いまたは待ち合わせを行うために使用される場所、操車場とはもっぱら車両の入換えまたは列車の組成(編成)を行うために使用される場所と、それぞれ定義されている。[大澤伸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の停車場の言及

【駅】より

…本項では,この現代の駅について記述する。
[定義]
 普通鉄道構造規則(運輸省令)により,停車場とは,駅,操車場,信号場をいう,と定められており(停車場),駅とは列車を止めて旅客,貨物を取り扱うために設けられた場所,と定められている。上記は主として施設面に着目した駅の定義であるが,駅は旅客,貨物取扱いの対外的な窓口であり,営業面に着目すれば,鉄道に限らず索道事業(ケーブルカーなど)における乗降場等も含めて駅と呼称することが一般的に定着している。…

※「停車場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

停車場の関連キーワードかみゆうべつ温泉チューリップの湯愛知県知多郡武豊町道仙田パーク・アンド・ライドブレーマーハーフェンオットー ワーグナーロックスプリングズスイッチバック旧新橋停車場跡コスモール大樹童話猫の事務所オアシスおぶせダイヤグラムステーション長原孝太郎山脇 信徳相原求一朗列車ダイヤ高村真夫山脇信徳あなみず

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

停車場の関連情報