ステーツマンシップ

精選版 日本国語大辞典「ステーツマンシップ」の解説

ステーツマンシップ

〘名〙 (statesmanship) 政治的手腕。政治家としての能力。〔外来語辞典(1914)〕
※学生と読書(1938)〈河合栄治郎編〉読書の回顧〈高木八尺〉四「人生の娯楽を課題として読書を論じた姿に、私は強健な英国ステーツマンシップの片影を覗った様に思ったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ステーツマンシップ」の解説

ステーツマンシップ
statesmanship

私利私欲にとらわれず,国家の十数年後の目標を考え,強い責任感・倫理感で行動する政治家精神のこと。単なる短期的な政治的目標を達成しようとする政治屋 politicianと区別して,政治家 statesmanと呼ぶが,その心のもち方をステーツマンシップと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android