コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストップ高 ストップだかmaximum of price changes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストップ高
ストップだか
maximum of price changes

商品および株式市場において相場が暴騰あるいは暴落した場合,その混乱を防ぐために1日の値幅の最高制限幅を設けているが,株価の変動が値幅制限をこえると取引が中止されるので,そのときの値段をストップ値段といい,上昇した場合をストップ高,下落した場合をストップ安という。 1987年 10月のブラック・マンデーの際,東京市場の値下がり幅が他国市場に比べて小さかったのはこれがあったためともいわれている。東京証券取引所における値幅制限額は,前日の終り値を基準にして株価 200円未満は 50円,500円未満は 80円,1000円未満は 100円,1500円未満は 200円,1500円以上は 300円となっているが,株価が極端に過熱するおそれのあるときなどには,取引所理事長の判断で個別銘柄の制限幅を縮小することもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ストップ‐だか【ストップ高】

取引市場で、相場の変動による混乱を防止するために設けた騰落値幅の限度まで暴騰すること。⇔ストップ安

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ストップ高の関連キーワード日経225ミニ市場取引用語比例配分買気配

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストップ高の関連情報