コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラレンベルグ ストラレンベルグStralenberg, Filipp Ijhan

2件 の用語解説(ストラレンベルグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストラレンベルグ
ストラレンベルグ
Stralenberg, Filipp Ijhan

[生]1676
[没]1746
スウェーデンシベリア研究家,東洋学者。 Tabbertともいう。士官として北方戦争に従軍したが,ポルタバの戦いピョートル1世 (大帝) 指揮下のロシア軍に破れ,捕虜としてシベリアに送られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストラレンベルグ【Philipp Johan von Strahlenberg】

1676‐1747
スウェーデンの軍人。正しくはストラーレンベリ。1709年ポルタワの戦でロシア軍の捕虜となり,のち長くシベリアに居住した。帰国後の1730年,スウェーデンで《ヨーロッパおよびアジアの北部と東部Das nord‐ und östliche Theil von Europa und Asien》とシベリア地図(1699‐1701年のレーメゾフの《シベリア地図》を基本にしたもの)を刊行。シベリア研究の初期文献として重要視されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のストラレンベルグの言及

【シベリア探検】より

…最初の学術的シベリア探検は,ロシア皇帝ピョートル1世の命により,主として薬草と鉱物の調査のためにシベリアに派遣されたドイツ人学者メッサーシュミットDaniel Gottlieb Messerschmidt(1685‐1735)によって行われた。彼は1719‐27年,レナ川までの各地を旅行し,動植物や鉱物の標本のほか20の言語資料を集め,くわしい調査日記を残した。1721‐22年,シベリアで捕虜になっていたスウェーデン人将校ストラーレンベルグが彼に同行し,後に《アジアとヨーロッパの北東部》(1730)を著した。…

※「ストラレンベルグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ストラレンベルグの関連キーワードゼンガー事件フェリペ穴井六郎右衛門児童文学早野巴人アレクセイ・ミハイロビチゲーリケ光速度集義和書徳川家宣

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone