ストルガツキー兄弟(読み)ストルガツキーきょうだい

百科事典マイペディアの解説

ストルガツキー兄弟【ストルガツキーきょうだい】

ロシア(ソ連)を代表する二人組のSF作家。兄アルカージーArkadii Natanovich Strugatskii〔1925-1991〕は日本文学者,弟ボリスBoris Natanovich Strugatskii〔1933-2012〕は天文学者でもある。1957年から兄弟合作の形でSF小説を発表しはじめた。彼らの創作活動は〈現代を把握するためのモデルづくり〉であり,その鋭い社会的姿勢はソビエト体制とは相いれなかった。そのため《そろそろ登れ蝸牛》(1968年),《醜い白鳥》(1972年)などはソ連時代には発禁になっていたが,1987年以降は全面的に解禁された。
→関連項目SFタルコフスキー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストルガツキーきょうだい【ストルガツキー兄弟】

ソ連邦~ロシアの二人組のSF作家。兄アルカージーArkadii Natanovich Strugatskii(1925‐91)は日本文学者。弟のボリスBoris Natanovich Strugatskii(1933‐ )は天文学者でもある。1957年から兄弟合作の形でSF小説を発表し始めた。彼らの創作活動は〈現代を把握するためのモデルづくり〉であり,《神様はつらい》(1964)や《有人島》(1972)などの長編では未知の星の社会と接触を持つ人間の姿が描かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android