ストレートバック症候群(読み)ストレートバックショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

ストレートバック‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【ストレートバック症候群】

本来は後方に反るように湾曲している胸椎が、まっすぐに近い状態になっていること。胸痛動悸息切れなどの症状が出ることが多く、心疾患と間違われることがあるが、心房中隔欠損症僧帽弁閉鎖不全症などの疾患でなければ治療は不要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android