ストレートバック症候群(読み)ストレートバックショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

ストレートバック‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【ストレートバック症候群】

本来は後方に反るように湾曲している胸椎が、まっすぐに近い状態になっていること。胸痛動悸息切れなどの症状が出ることが多く、心疾患と間違われることがあるが、心房中隔欠損症僧帽弁閉鎖不全症などの疾患でなければ治療は不要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android