スパーケンブルフ(英語表記)Spakenburg

世界大百科事典 第2版の解説

オランダ,ユトレヒト州の漁村。現在はブンスホーテンという自治体の一部をなす。かつてはゾイデル海(現,アイセル湖)に面した海港で漁業が盛んであった。スパーケンブルフを特に有名にしているものは,ここの女性が正装として着用する肩の張った民族衣装で,日本のの肩衣によく似ている。【佐藤 弘幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報