スパー火山(読み)すぱーかざん(英語表記)Mount Spurr

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ合衆国、アラスカ州南西部にある環太平洋火山帯に属する活火山。標高3374メートル。玄武岩、安山岩などからなる成層火山。1953年7月9日、有史後、初めて噴火した。キノコ形噴煙の高さ約2万3000メートル、幅最大50キロメートルに及び、東方約130キロメートルのアンカレッジ市街でも火山灰が厚さ7ミリメートルも堆積(たいせき)した。翌年のビキニ水爆実験のあとで世界的気候異変が問題にされたが、むしろ、この大火山爆発の影響と考えられる。92年にもふたたび噴火し、アラスカ南部と中部に数ミリメートルの火山灰を降らせた。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android