コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環太平洋火山帯 かんたいへいようかざんたい circum-Pacific volcanic belt

5件 の用語解説(環太平洋火山帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環太平洋火山帯
かんたいへいようかざんたい
circum-Pacific volcanic belt

太平洋周縁に分布する火山の総称。アリューシャン,千島,日本,伊豆小笠原の火山帯をその一部に含む。太平洋内部では橄欖石玄武岩圧倒的に多く,安山岩を産出しない。環太平洋火山帯では,カルク・アルカリ系の玄武岩や安山岩,流紋岩などが多いが,特に安山岩が多く,それらは大洋底地殻と造山帯の地殻との本質的な差異を反映していると考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんたいへいよう‐かざんたい〔クワンタイヘイヤウクワザンタイ〕【環太平洋火山帯】

環太平洋に分布する火山の密集地域。活火山の半数以上が属し、地殻不安定で、地震帯や新しい造山帯と一致する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

環太平洋火山帯【かんたいへいようかざんたい】

太平洋の周囲に沿い帯状に分布する火山の密集する地域。地球上の半分以上の火山が集中している。千島弧,本州弧,伊豆・マリアナ弧等のように弧状列島をつくる部分と,北米,南米のように大陸の縁に沿う部分もある。
→関連項目アレウト[列島]アンデス[山脈]火山帯環太平洋造山帯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かんたいへいようかざんたい【環太平洋火山帯】

太平洋を取り巻いて分布する火山帯。南北アメリカ大陸の太平洋岸に沿って北上し、アラスカ・日本列島・フィリピン諸島を経てニュージーランドに達する。新生代第三紀以後噴出した火山から成る。地殻の不安定な地帯で、地震帯ともほぼ一致する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環太平洋火山帯
かんたいへいようかざんたい

太平洋を取り囲む世界最大の新生代第四紀(過去約258万年間)の火山帯の総称。太平洋に面する大陸の縁に沿い、日本列島などの弧状列島上に分布する火山が多い。伊豆‐マリアナ弧やスコシア島弧の火山帯が含まれ、地球上の広義の活火山の約6割がこの火山帯に属する。広義には、大西洋に臨む西インド諸島や、インド洋に臨む大・小スンダ列島の火山帯をも含み、活火山の世界総数の8割近くを抱える。太平洋の「火の環(わ)」と称される。成層火山が多く、噴火は概して爆発型で、火山体の大部分が火山砕屑(さいせつ)物からなるのが普通である。岩石は玄武岩、安山岩、石英安山岩、流紋岩からなり、とくにカルク・アルカリ岩系の安山岩が多い。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環太平洋火山帯の関連キーワードアリューシャン海溝アリューシャン列島海底火山火山帯豆南諸島火山フロント環太平洋毛綿鴨軍隊蟻ニューヘブリデス[諸島]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環太平洋火山帯の関連情報