コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプルース スプルース spruce

翻訳|spruce

3件 の用語解説(スプルースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スプルース(spruce)

マツ科トウヒ属の常緑針葉樹の総称。北半球冷帯に広く分布する。材を建材やパルプに用いる。その中の一種、ドイツトウヒクリスマスツリーに代用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

スプルース

マツ科トウヒ属の常緑針葉樹。英語表記では「Spruce」。40種類以上ものトウヒ属の樹木の総称であるため、唐檜、新榧(シンカヤ)、シトカスプルース、エンゲルマンスプルース、ウェスタンホワイトスプルースなど様々な呼び名がある。材の性質としては木理は通直であり、肌目は緻密、堅さは中庸で腐食耐久性もないが磨耗耐久性に優れる。マツ科特有のヤニもほとんどなく、無味無臭、寸法の大きな材がとれる良材である。しかし特有の欠点、胴打ち、腐れ始めの部分で菌が模様を作りそれがボタン模様になっている、水分の氷結で出来る中割がある、木目が詰み過ぎて健全な組織が圧迫され弱体化した材質部(糠目)がある、柾目に斜めに縞模様が出て髄線のような形の目形の模様が全面に出て汚らしく見える部分(霜降り目)がある、成長が遅いために過熟して腐食が始まった部分(勲章材)、がある。色調は心材が帯黄淡紅白色、白色から淡い黄褐色、辺材は乳白色、白色から淡い黄褐色で、材色は時間の経過と共にかなり濃色になるものもある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スプルース【spruce】

マツ科の常緑高木。トウヒ属。北米から輸入される主要な木材の一。シトカ-スプルースが主で、材は淡黄白色で軽軟。建築材・器具材・楽器材などに用いる。ベイトウヒ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スプルースの関連キーワードシベリア針葉樹林スプルースグリーン赤松亜高山帯オレゴンパイン唐檜ヒノキベイツガ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スプルースの関連情報