コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スヘルテマ Carel Steven Adama van Scheltema

世界大百科事典 第2版の解説

スヘルテマ【Carel Steven Adama van Scheltema】

1877‐1924
オランダの詩人。アムステルダムに生まれ,医学生,俳優,美術商を経たのち詩作に専念した。長い外国生活ののち,ベルヘン(北ホラント州)に住み,同地で没。19世紀末ホルテル,ローラント・ホルストらとともに社会主義詩人となったが,両者と異なり,社会主義を大衆に了解される新しい芸術の基礎と考えた。《太陽と夏》(1902),《静けさ闘争》(1909)などにみられる平明で楽天的な詩は抒情と社会主義の理想をうたい大衆の人気を得たが,彼の本性はむしろメランコリックであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

スヘルテマ

生年月日:1877年2月26日
オランダの文学者
1924年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のスヘルテマの言及

【オランダ文学】より

…クペールスは自然主義的心理描写を特色とする小説を書き,ハイエルマンスは《天佑丸》(1900)など社会問題をテーマとした写実主義の戯曲を発表して,ともに国際的名声を得た。 20世紀に入ると,ローラント・ホルストHenriëtte G.A.Roland Holst(1869‐1952),スヘルテマらの社会主義詩人が輩出する一方,〈80年代派〉の影響から出発してそれぞれ哲学的傾向のユニークな詩境を開いたバウテンスPieter C.Boutens(1870‐1943)とレオポルトJan H.Leopold(1865‐1925)の活動が目だつ。また,自然主義に対抗して新ロマン派が登場し,スヘンデルArthur F.E.van Schendel(1874‐1946)が優れた歴史小説を書いた。…

※「スヘルテマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スヘルテマの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android