コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトル項 スペクトルこうspectral term

1件 の用語解説(スペクトル項の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペクトル項
スペクトルこう
spectral term

原子のスペクトル線を調べると,その波長の逆数,すなわち波数は νmnTmTn のように2つの項 TmTn の差として表わせるが,これら各項をスペクトル項という。スペクトル系列スペクトル項を用いて整理することができる。 TmTn は,原子がスペクトル線を出すエネルギー準位EmEn とすると,Tm=-Em/hcTn=-En/hc で表わされる。ただし hプランク定数c は真空中の光速度である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone