コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポレート Spoleto

デジタル大辞泉の解説

スポレート(Spoleto)

イタリア中部、ウンブリア州の都市。ウンブリ人が築いた町に起源し、紀元前3世紀に古代ローマの植民都市スポレンティウムが置かれた。6世紀から13世紀までスポレート公国の中心地となり、以降は19世紀のイタリア統一に至るまで教皇領となった。毎年6月から7月にかけて、音楽、演劇、舞踊の国際的な芸術祭が催されることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポレート
すぽれーと
Spoleto

イタリア中部、ウンブリア州ペルージア県の都市。人口3万5286(2001国勢調査速報値)。ウンブリ人の都市として発足し、紀元前3世紀にローマの支配下となった。ラテン名スポレティウムSpoletium。6~13世紀はスポレート公国の中心地。農産物の集散地、工業都市から、1960年代以降、観光・文化都市に徐々に転身していった。1958年以来毎年6~7月に、音楽、舞踊、演劇の国際的フェスティバルが開かれている。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スポレートの関連キーワードリッピ(Fra Filippo Lippi(1406―69))コレッリ(Franco Corelli)フェスティバル・ドゥエ・モンディルッジェーロ ライモンディジュゼッペ サッバティーニガブリエッラ トゥッチピンカス ズーカーマンベレンガーリオ[1世]アントニエッタ ステラジェームズ コンロンルチア アリベルティセミヨン ビシュコフフィリップ アルローフランコ コレッリスポレート大聖堂アンナ モッフォピウス(9世)ライモンディレオ ヌッチウンブリア派