コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スムルコフスキー スムルコフスキー Smrkovský, Josef

2件 の用語解説(スムルコフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スムルコフスキー
スムルコフスキー
Smrkovský, Josef

[生]1911.2.26. ボヘミア,ベレニツェ
[没]1974.1.14. プラハ
チェコスロバキアの政治家。 1933年共産党に入り,第2次世界大戦中政治局員として対独抵抗運動を指導,戦争末期には党責任者となった。戦後 A.ノボトニー政権下で粛清され,51~55年入獄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スムルコフスキー
すむるこふすきー
Josef Smrkovsk
(1911―1974)

チェコスロバキアの政治家。ボヘミア中部出身。パン職人で、1933年に共産党に加入、当時のソ連で教育を受けた。帰国して党機関で働き、第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)後は対独抵抗運動に参加、1945年5月のプラハ蜂起(ほうき)を指導した。戦後党執行委員になったが、1951年に民族主義者として逮捕され、終身刑を宣告された。1955年に釈放、1963年に名誉回復。1968年の「プラハの春」には党幹部会員、国会議長に就任、改革派の中心人物の1人であったが、8月のソ連軍事介入の際モスクワへ連行された。1969年に主要役職を解任され、1970年に党を除名された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スムルコフスキーの関連キーワードボヘミアボヘミア兄弟団ボヘミアガラスボヘミアングラスボヘミアの森からボヘミアンドリームボヘミアン・シェパード・ドッグボヘミアの森ボヘミア・ファルツ戦争ボヘミアン・タイ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone